担当の方がかなり丁寧で腰が低く、好印象だったレバレジーズ看護のお仕事についてご紹介します。
まだ小さい子どもがいるママさんナースでも無理なく働ける時短勤務が可能な求人などにも強みをもっています。

給料交渉なんかを実践してくれるのでしょう。
これ結構良いです。
私はこれだけで月収が増加しているのです。
今までの経験をどう評価するかという点で交渉してもらおりました。
具体的には、経験者の給料額につきましてです。
普通、経験の年数が給料に反映しますね。
でも経験ということは「看護師としましての経験」なのか「その診療科の経験」なのか、病院ごとに採用ルールが決まっています。
私の転職先は、「その診療科の経験」だった。
私は混合病棟から、内科病棟への転職だったため、経験に入ると考えていましたが、未経験として扱われてしまいましたのです。
給料も初任給からやり直しです。
そこを交渉してもらい、混合病棟5年間の経験を認めてもらえました。
これで月収2万円くらい増えました。
ボーナス額も違いましていきますからね。
年収だと40万円くらい違っています。
30年働いた生涯賃金で計算すると1200万円です。
このようなに損をするところだったと思われますとゾッとします。
交渉ってかなり重要なサービスだと思う。
お金のことは、自分じゃ言いずらいつまりね。
利用料金無料だった。
私は無事に転職できましたが、1円も取られてわない。
反対に3万円貰っています・・。
12万円って見間違いしてたけどね!(無料でお世話になりまして、お金までもらったのに悪口ばかり言っている・・。
まさにクレーマー・・!)付け加えると費用は、病院側が求人費として払ってるようです。
面談&ヒアリング看護のお仕事に登録すると、担当者さんと話をします。
面談やヒアリングと呼びますサービスですよね。
転職の条件を聞かれたり、地域の求人事情を指導してもらったり、病院の内情を教えてもらったり。
この面談っていついかにしてやるの?気になるんですよね。
最初は電話です。
で、もっと話を聞きたいってなれば直接会います。
マンツーマンです。
私は基本電話でやり取りをして、面接前に一回担当者さんに会いました感じですのです。
面談場所は、看護のお仕事の支店ビルの個室だった。

おすすめの記事